管理薬剤師求人.net

管理薬剤師の業務

管理薬剤師とは薬の製造・販売・取扱いに責務を持ち管理者的立場にある薬剤師のことで薬事法により病院保険薬局、調剤薬局、ドラッグストア、医薬品卸業、製薬会社など医薬品の取扱い・販売・製造を行う所には、医薬品を適切に管理する管理薬剤師を置くことを義務付けています。

管理薬剤師は薬剤師と管理者という2つのポジションを兼務した薬剤師です。薬の知識のみならず勤務先に応じた必要な知識を身に付ける必要があり、医薬品の管理に加えて薬剤師や従業員のマネジメントにも義務があるため、管理者としての人間性や医療人としての高い倫理観など、管理薬剤師として求められる資質があります。 管理薬剤師の業務は概して医薬品の管理者として医薬品の保管期間をはじめとする品質管理、薬剤管理の帳簿や薬情チェックなどの管理・確認業務、医薬品を取り扱うスタッフの監視・マネジメントになりますが、業務内容は勤務する場所によって様々異なります。

製薬会社や医薬品の卸では監督官庁への対応や許認可申請の届出など行政対応、医薬品の使用期限や品質管理を行う在庫管理、医薬品の情報管理や問合せに対応するDI(Drug Information)などが主な業務になります。MRへの指導や勉強会の企画・開催、帳票類の作成やファイリングなど庶務的な仕事もあります。企業に勤務する管理薬剤師の業務は、薬事法や薬剤師法など法律に関する知識を要し、医薬品の安全情報・品質情報に基づく確認作業や情報管理など文書を取り扱うオフィスワークも多くなります。

薬店やドラッグストアなど医薬品を販売店では、お薬相談や服薬指導に加えて顧客対応、在庫管理(品質・供給・発注)、棚卸し、医薬品を含めた販売商品の陳列、スタッフの勤怠管理など薬剤師本来の業務以外の業務も多くなります。医薬品販売店の場合にはお店としての経営が必要なため、売れそうなものの発掘・開拓、POP広告の作成といった販売促進も業務の一つになってきます。業務が店舗の衛生・設備管理、経営にも及ぶ場合には薬局店経営者や店長以上の権限を持つ立場になることもあります。

 管理薬剤師は本来の薬剤師業務に加えて仕事の範囲が広がり、責務あるポジションです。やりがいや充実性があり、管理者としての手当・対価も期待できるため一つの目標・モチベーションとして管理薬剤師を目指してみるのも良いでしょう。管理薬剤師としての経験はその後のキャリアや転職にも影響してくるため目指す価値はありそうです!


>> TOPページで管理薬剤師の転職に強いエージェントランキングをチェック!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 管理薬剤師求人.net All Rights Reserved.