管理薬剤師求人.net

管理薬剤師の平均年収

管理薬剤師とは薬の製造・販売・取扱いに責務を持ち管理者的立場にある薬剤師のことを指し、病院保険薬局、調剤薬局、ドラッグストア、医薬品卸業、製薬会社など医薬品の取扱い・販売・製造を行う所には、医薬品を適切に管理する薬剤師=管理薬剤師を置かなければならないことが薬事法により定められています。

管理薬剤師に特別な資格取得等は課せられていないため、薬剤師であれば管理薬剤師になることはできますが、薬の知識のみならず勤務先によっては薬事法や薬剤師法、医療保険や診療報酬について深い理解と知識を求められるため、最低でも実務経験3年以上は必要になるでしょう。 また管理薬剤師は薬剤師と管理者という2つのポジションを兼務するため、マネジメント力や調整力を要し業務内容・範囲は多岐にわたるのが一般的です。管理者として医薬品の保管期間など品質管理、医薬品の陳列、薬剤管理の帳簿や薬情チェックなど全体として管理・確認業務が多く、薬店やドラッグストアなどの場合には顧客対応、在庫確認、商品ディスプレイ、時にはパート・アルバイトなどスタッフのマネジメントを行うこともあります。業務が店舗の衛生・設備管理、経営にも及ぶ場合には薬局店経営者や店長以上の権限を持つ立場になることもあります。

そんなマネジメント性を持った管理薬剤師の年収は一般の薬剤師と比較し、管理薬剤師手当が付く分、平均年収が高くなります。基本給も含め薬剤師手当・管理薬剤師手当は勤務先によって幅がありますが、管理薬剤師の平均手当相場は年間約30〜50万円支給されており、管理薬剤師の平均年収は600万円前後(一般薬剤師の平均年収は約500万円)、大手の薬局長やドラッグストアの店長と兼務する場合には年収700〜800万円を超えるところもあるようです。 管理薬剤師の仕事は医薬品に関わるあらゆる管理監督・責務を求められるため、一般の薬剤師の仕事以上にハードです。責務を果たすための知識を要し薬剤師の本業とはかけ離れた仕事もこなさなければなりません。そのため、仕事のやりがいや充実性と共に高い年収が保証されているのでしょう。

将来調剤薬局を開業したい薬剤師、経営やマネジメントに興味がある薬剤師、また給与を上げたい薬剤師、薬剤師としてキャリアUPしたい薬剤師などには目指すべきポジションとなるかもしれません。年収を上げたい…、管理薬剤師としてキャリアを持ちたい…など転職を考えている薬剤師の方は転職・求人サポートを行うサイト比較からはじめてみましょう!


>> TOPページで管理薬剤師の転職に強いエージェントランキングをチェック!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 管理薬剤師求人.net All Rights Reserved.