管理薬剤師求人.net

管理薬剤師の資格はあるの?

管理薬剤師とは薬の製造・販売・取扱いに責務を持ち管理者的立場にある薬剤師のことを指し、病院保険薬局、調剤薬局、ドラッグストア、医薬品卸業、製薬会社など医薬品の取扱い・販売・製造を行う所には、医薬品を適切に管理する薬剤師=管理薬剤師を置かなければならないことが薬事法により定められています。医薬品の管理、全体のマネジメントに責任を持つのが管理薬剤師です。

管理薬剤師になるための特別な資格はなく、基本的に薬剤師であれば管理薬剤師になることは可能です。しかしながら管理薬剤師は薬に関する知識だけでなく、勤務先に応じた知識や業務が求められるため‘誰でもなれる’というわけではないようです。 製薬会社や医薬品卸業などの管理薬剤師は薬事法や薬剤師法など法律に関する知識が必要であったり、医薬品の安全情報・品質情報に基づく確認作業や情報管理など文書や事務作業も多く、処方箋に基づき調剤を行う薬局の管理薬剤師は、調剤や服薬指導に加えて医療事務、医療保険、レセプトに関する知識が必要になるなど、仕事の範囲・ボリュームはハードな立場になります。

また服薬指導やお薬相談など薬剤師としての本業はもちろん、薬店やドラッグストアなどでの勤務の場合、顧客対応、在庫確認、棚卸し、商品ディスプレイ、スタッフの勤怠管理など薬剤師本来の業務以外も責任範囲となりマネジメントしていかなければなりません。管理薬剤師は薬剤師と管理者というポジションを兼務し、責任ある立場となるためある程度の実務経験が必要です。

 実際の現場では管理薬剤師の立場に実務経験の浅い人や新人薬剤師がなることもあるようですが、やはり不具合が多く一定の水準を必要とする声も上がっているようです。 管理薬剤師としての資格はなくても医薬品の管理に加え、薬剤師や従業員のマネジメント義務があるため、管理者としての人間性や医療人としての高い倫理観を持っているなど管理薬剤師としての求められる資質があります。組織の管理者としてマネジメント能力やコミュニケーション能力に加えスタッフを引っ張るリーダーシップも必要です。

 管理薬剤師としての資質を備え、管理薬剤師として転職やキャリアUPを図りたい薬剤師の方はマイナビ薬剤師、エムスリーキャリア、DODA薬剤師など薬剤師求人サイトの活用をオススメします。管理薬剤師など役職に応じた転職、キャリアUP転職、年収や勤務条件UPなど希望に叶う成功転職必至です!


>> TOPページで管理薬剤師の転職に強いエージェントランキングをチェック!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 管理薬剤師求人.net All Rights Reserved.