管理薬剤師求人.net

残業なしの求人をお探しなら

どの仕事においてもそうですが、残業の有無は大きな問題です。遅くまで残業のあるハードな仕事もあれば定時で終わる仕事もあり様々です。その職場の体制による事もありますが、やはり職種によるところが大きいと言えると思います。残業する事で給与が増えると、望んで残業をする人もいれば、一方でサービス残業の問題もあったりします。

管理薬剤師の仕事における残業はどのような状況なのでしょうか。薬剤師の場合でもその働き方によって大きく変わって来ると思われます。薬剤師は調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院などその働く環境は様々です。

働く環境によって残業のある、無しは大きく変わりますので一概には言えませんが、やはり病院などの勤務ですと残業などは多くなる傾向にあるかもしれません。患者ありきの職場ですから時間が来たら今日は終わりと言うわけにはいかないからです。一方で調剤薬局やドラッグストアでは店舗の営業時間が決まっているので残業とはなりにくいかもしれませんが、店舗を閉めた後でも色々仕事がある場合も考えられますので一概には言えません。

製薬会社などの一般企業で働く場合には何かと残業がある傾向にあります。一般企業では多くの部署で構成され各部署ごとの連携などの兼ね合いもあり、残業は比較的多くある会社がほとんどだと言えます。

管理薬剤師の場合、その立場上残業になりやすい立場と言えると思います。管理薬剤師はその名の通り薬剤師を管理する立場にあります。とは言え、管理業務だけを行っていればいいわけでなく、例えば営業時間内は調剤などの患者の対応に追われる事がほとんどになりますから、その後に管理薬剤師としての職務に終われる事になります。これは管理薬剤師に限らずどの職種でも管理する立場にあると多くの職務を全うしなければならず、残業にもなりやすいと言えます。

とは言え中には残業代が付く事で給与のアップにつながるので歓迎する人もいます。ですが多くの場合残業はあまり歓迎されるものではありません。薬剤師の求人において残業の有無ですが、これはその職場ごとによります。そして求人の広告に残業の有無は記載されているとは思いますが、正直な所求人内容だけで判断出来る問題ではありません。これから残業が増える事だって考えられますし、無いと言っていても実際は残業だらけだったなんて事も多くあるからです。

残業も無く、高待遇の求人を探すのであれば薬剤師専門の転職エージェントの利用がおすすめです。このようなサイトでは専門のコンサルタントに相談出来ますし、一般では中々見つけられない非公開求人も多くあり、高待遇な求人も見つけやすいのです。まずは登録してどんな求人があるか探してみる事から始めて下さい。


>> TOPページで管理薬剤師の転職に強いエージェントランキングをチェック!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 管理薬剤師求人.net All Rights Reserved.