管理薬剤師求人.net

勤務時間について

管理薬剤師はその職場、店舗や薬局における責任者の事です。薬事法でも薬局などでは必ず管理薬剤師を置く必要があると定められています。このように薬剤師を管理する立場にある管理薬剤師ですが、気になるのはその勤務時間だと思います。ここでは管理薬剤師の勤務時間についてお話したいと思います。

管理薬剤師は薬剤師の中でも、管理する側の立場にあると言えます。その為、一般的に管理する立場にある場合はどうしても勤務時間の長さ、労働の過酷さがイメージとして付きまといます。

管理薬剤師の勤務時間に関しては、週に40時間確保する必要があると定められています。ですが管理する側の立場にある管理薬剤師は営業時間中常駐する必要があり、必然的に残業へと繋がっていくケースが多くなります。

このように管理薬剤師の立場や職務内容を考えますと残業は避ける事が出来ない職種だと言えるかもしれません。ですが勤務時間の長さはすなわち、賃金の高さにも繋がります。医療関係の職種は他の職種に比べて平均賃金が高いと言われますが、そこにはこの残業の多さも大きな影響を与えています。残業分に関しては通常分よりも高い時給換算になる事から、サービス残業の多い一般的なサラリーマンと比較しても多くの収入を得る事が出来ます。やりがいも大きく過酷な労働環境と言えますがその分は多くの収入を得る事が出来ると考える事も出来るからです。

ですから管理薬剤師になると勤務時間は長くなるかもしれません。これには先程もお話した通り、管理栄養士は常駐する必要があるからです。調剤薬局などですと店舗の閉店時間は早目である事は多いですが、ドラッグストアなどでは遅くまで営業している店舗も多いので必然的にその職務に対する責任からも勤務時間は長くなる可能性が高いと言えます。

薬剤師として医療への貢献や患者への貢献を考える薬剤師にとって管理薬剤師を目指す事は非常に有意義であると思います。当然責任や職務は重くなりますが、ただ一薬剤師として働くよりも管理薬剤師として管理する側に立ち、患者だけでなく薬剤師業界にとっても良い影響を与える事も出来る可能性があるとも言えます。

管理薬剤師を目指す方には、当サイトでご紹介しております、転職エージェントの利用をおすすめしています。転職エージェントでは専任のコンサルタントが居ますので相談に乗ってくれたりアドバイスを受ける事も出来ます。また、面倒な日程調整や連絡事項などは変わりに行ってくれますので、忙しい薬剤師の方でも安心して利用できます。


>> TOPページで管理薬剤師の転職に強いエージェントランキングをチェック!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 管理薬剤師求人.net All Rights Reserved.