管理薬剤師求人.net

副業は可能か?

不景気と呼ばれる現代社会において、給与所得は増えるどころか減少気味にありボーナスなどはカットされている企業も少なくありません。このような状況において副業がクローズアップされ、本業の休みの日や終業後を利用して本業を行う人も増えています。サラリーマンなどで時間にも余裕がある人が行うケースが多いようです。

では管理薬剤師においては副業はどうなのでしょうか?管理薬剤師として働きながら、副業を行う事は出来るのか、についてお話していきたいと思います。

まず理解しなければいけないのは、誰もが副業を出来るわけでは無いと言う事です。これは時間的な問題ではなく、出来る人、出来ない人に分かれると言う事です。

どう言う事かと申しますと、副業が出来る出来ないは職業によって変わって来ると言えます。企業によっては就業規則で副業自体を禁止ているところもあります。このような企業に勤めている場合はサラリーマンであっても副業を行う事は出来ません。こっそり行っていても見つかってしまうと就業規則で規定されている罰則などがある場合がほとんどですからリスクが高いと言えます。公務員なども副業を行う事は禁止されています。

では管理薬剤師に関してはどうなのかと言いますと、薬事法により、管理薬剤師として働きながら同時に他の薬局等で調剤などを行ったりする事を禁止しています。掛け持ちで他の薬局で薬剤師として働く事は禁止されていいるのです。もともと管理薬剤師はその薬局などの職場に置いて他の薬剤師等を管理する立場にあります。調剤薬局などでは早目の時間で終わる所もあるとは言え、やはりその職務内容は多岐に渡りハードだと言えます。仕事柄常に勉強しなければならないとも言え、新薬の開発などは日に日に進んでおりそれらの勉強は日々怠る事は出来ません。このような多忙を極める管理薬剤師の仕事ではそもそも副業自体を行う時間は極めて無い状況だと言えるかもしれません。

とは言え、薬事法では薬剤師として兼務する事は禁止していますが、その他の職業であれば会社規定で副業を禁止していない場合行う事は可能です。また管理薬剤師でなければ、薬剤師として掛け持ち勤務などを行っている人もいるのも事実です。ですが先程もお話した通り、薬剤師の仕事は大変で多くの勉強が必要な仕事です。ミスが許されない仕事でもありますので、副業を行う事はあまりお勧めできないと言えます。

管理薬剤師を目指しキャリアアップ、年収アップもいいのですが、転職をきっかけに良い条件で働いて見るのもおすすめです。転職エージェントを利用して、専任のコンサルタントと相談しながら好条件の求人を見つけて下さい。


>> TOPページで管理薬剤師の転職に強いエージェントランキングをチェック!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 管理薬剤師求人.net All Rights Reserved.