管理薬剤師求人.net

企業の求人がオススメ

管理薬剤師とは薬の製造・販売・取扱いに責務を持ち管理者的立場にある薬剤師のことで、病院、調剤薬局、ドラッグストア、医薬品卸業、製薬会社など医薬品の取扱い・販売・製造を行う所には、医薬品を適切に管理する管理薬剤師を置く義務が薬事法により定められています。 管理薬剤師は調剤薬局やドラッグストア勤務が大半を占めますが、調剤薬局の管理薬剤師は勤務先によっては一般薬剤師と大差がないと言われる部分が多く、ドラッグストアに関しては薬事法改正・登録販売者制度の施行により薬剤師を必要としない医薬品(第二類と第三類)販売が可能となったため、薬剤師の職域としてフェードアウトしていくことは避けられない状況です。

 管理薬剤師を必要とする職場は薬局などに限らず、製薬会社や医薬品卸業、薬品や化学品を取り扱うメーカーなど企業にもポストを見出すことができます。 企業での管理薬剤師の仕事は、勤務先によって異なりますが医薬品の卸業では監督官庁への対応や許認可申請の届出など行政対応、医薬品の使用期限や品質管理を行う在庫管理、医薬品の情報管理や問合せに対応するDI(Drug Information)などが主な業務になります。業務上、薬事法や薬剤師法など法律に関する知識を要し、医薬品の安全情報・品質情報に基づく確認作業や情報管理を行います。MRへの指導や勉強会の企画・開催や帳票類の作成や文書ファイリングなど庶務的な仕事もあります。 製薬会社や薬品・化学品の製造・取扱いを行う企業の場合には、製造に使用する薬品の管理、医薬品など製造の品質管理基準であるGMP(Good Manufacturing Practice)の管理、製造現場で出荷の最終判断を担うなど工場長よりも責任ある立場となることもあります。

 企業側にとって管理薬剤師を置くことは企業の医薬管理を整備し、製品管理の徹底が実現します。薬は病気を治し健康を守る役割を持つ反面、口から入り人体や生命に直接的な影響を及ぼしかねないため、適切な医薬品の管理、安全で正しい取扱いが必要不可欠であり、それらの責務を担う管理薬剤師のポストは非常に重要です。  こうした企業の管理薬剤師職は責務とともにやりがいのあるポジションです。企業勤務のため定期的な勤務体系が確保され、医薬品全体のマネジメントを担う責務から高収入、厚遇も期待できます。安全で誠実な体制を求める企業も多く、企業における管理薬剤師のニーズは幅広く高まっています。管理薬剤師の求人や転職を検討している薬剤師の方はマイナビ薬剤師、エムスリーキャリア、DODA薬剤師など薬剤師の転職・求人サイトの活用をオススメします!


>> TOPページで管理薬剤師の転職に強いエージェントランキングをチェック!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 管理薬剤師求人.net All Rights Reserved.