管理薬剤師求人.net

管理薬剤師とは

薬剤師は薬の調剤や服薬指導、医薬品の管理、薬事衛生などを通して人の健康を守る薬のスペシャリストです。病院や調剤薬局をはじめ、製薬会社、治験会社、化粧品や食品のメーカーなど企業での需要も高くその他、医薬品や臨床の研究者として、または厚生労働省や行政機関に公務員として勤務し活躍する薬剤師もいます。このように薬剤師はその専門性と役割から活躍できるフィールドが広く、近年ではチーム医療や新薬開発といった新しい分野における薬剤師の存在意義が高く評価され、社会貢献度の高い仕事です。また6年制の薬学教育がスタートし、現場では質が高く医療人としての人間性や倫理観を持った即戦力のある薬剤師が多く輩出されることに期待が寄せられています。

薬剤師の中には管理薬剤師と言われるものがあり、薬の製造・販売・取扱いを管理する薬剤師、管理者的立場にある薬剤師を意味します。薬事法により薬局、ドラッグストア、医薬品卸業、病院の保険薬局など医薬品の取扱い・販売・製造を行う所には、医薬品を適切に管理する薬剤師を置かなければならないことが定められています。そのため医薬品が存在するところに管理薬剤師が必ずいるということになります。

 管理薬剤師に特別な資格はないため、基本的に薬剤師であれば管理薬剤師になることはできますが、薬に関する専門的な知識だけでなく医薬品卸業などは薬事法や薬剤師法など法律に関する知識を要したり、処方箋に基づき調剤を行う薬局では医療事務、医療保険、レセプトに関する知識が必要であったりと勤務先によって求められる知識の幅が異なるため‘誰でもなれる’というわけではないようです。 また服薬指導やお薬相談など薬剤師としての本業はもちろん、薬局・ドラッグストアなどでは顧客対応、在庫確認、棚卸し、商品ディスプレイ、スタッフの勤怠管理など本業以外の業務範囲も広がります。管理薬剤師は薬剤師と管理者というポジションを兼務し、責任ある立場となるため実務経験3年以上が望ましいとされています。

 管理薬剤師になる具体的な方法は無いに等しく、薬剤師としての経験、知識、人物適正などを考慮したある種、昇進のようなもと言えるかもしれません。しかしながら管理薬剤師になれば仕事の範囲は広がり、責務あるポジションに就くことができるため、やりがいや仕事の充実性が増すことは間違いないでしょう。管理者としての手当・対価も期待できるため一つの目標、モチベーションとして管理薬剤師を目指してみるのも良いでしょう。


>> TOPページで管理薬剤師の転職に強いエージェントランキングをチェック!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 管理薬剤師求人.net All Rights Reserved.